トピックス

岡山の地酒にご支援を(2001年1月号)

岡山県酒造組合連合会
会長 宮下 附一竜

 21世紀を迎え、みなさまに日頃のご愛顧を深く感謝申し上げ、今年もよろしくお願い申し上げます。

 さて、現在酒類業界は未曾有の激動期を迎え、大きな試練の時に遭遇しております。 規制緩和によって競争が激化し、市場の縮小によって「勝ち組」と「負け組」が明確になりつつあります。 このことは、企業間のみならず、地域産業間の競争においても同じことがいえます。


“岡山の地酒にご支援を(2001年1月号)” の詳細は »

地ビール業界の行く末(2000年12月号)

全国地ビール醸造者協議会
会長 宮下 附一竜

 地ビールは1994年4月に最低製造数量を2000KLから60KLに引き下げるという規制緩和によって生まれました。 2000年8月末で259場の醸造所が全国にできましたが、現在では新規参入のペースはダウンしています。 この地ビール醸造者130社が集まり、1999年3月に結成したのが、全国地ビール醸造者協議会(JBA)です。 詳しいことは、ホームページ(http://www.beer.gr.jp/)をご覧ください。


“地ビール業界の行く末(2000年12月号)” の詳細は »