トピックス

日本酒の歴史の概観(2008年7月号)

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

  1. 世界の酒―>麦芽文化圏(ビール)、メソポタミア、エジプト
    中国の酒―>モチ麹(粉)、紹興酒(クモノスカビ)
    日本の酒 ―>バラ麹(粒)、日本酒(麹菌)
  2. 稲作農耕文化の渡来―>日本酒の起源は中国江南地域から稲作耕作文化の渡来
    縄文人(南方モンゴロイド)―>陸稲(熱帯ジャポニカ)、紀元前5世紀
    弥生人(北方モンゴロイド)―>水稲(温帯ジャポニカ)、紀元前3世紀
  3. 口かみ酒から芽米酒、そして麹酒
    口かみ酒(一夜酒)神酒として祭祀に使用
    芽米酒(醴・レイ)は米や小麦を発芽させたもの(蘖・ゲツ)を糖化剤として使う。紀元3,4世紀頃、渡来人(活日、須須許理)が伝える。
    麹酒とは、紀元9世紀までに、蘖(ゲツ)の意味が米バラ麹に変わった酒
  4. 朝廷の酒―>律令時代の酒(令集解、延喜式)、宮中造酒司(バラ麹)
  5. 武者の酒―>鎌倉時代、1252年「沽酒之禁」(酒の売買の禁止)
  6. 町衆の酒―>室町時代、京都の柳酒、14世紀中世的酒造業の成立、酒屋に課税
  7. 僧坊酒―>天野酒(河内天野山金剛寺)、菩提泉(大和菩提山正暦寺)
  8. 「御酒之日記」、「多聞院日記」(中世の酒造りの醸造技術の口伝)
  9. 南都諸白より伊丹諸白へ―>南都諸白は室町末期から近世初頭の銘酒
    江戸時代になると伊丹諸白へ
  10. 伊丹諸白から灘の寒酒へ―>水車精米、酒造道具の大型化、樽廻船
  11. 明治政府の酒造政策

平成19年酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞(2008年5月)

平成19年酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞

 平成十九年酒造年度 全国新酒鑑評会にて弊社の大吟醸酒『極聖』(きわみひじり)が金賞を受賞いたしました。

 金賞受賞は今回で十度目の受賞で、昨年に続けての二年連続受賞なります。 全国新酒鑑評会は独立行政法人酒類総合研究所主催で行われ、明治四十四年の第一回開催以来、今回が九十七回目でした。


“平成19年酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞(2008年5月)” の詳細は »

世界の酒の中の日本の酒(2008年5月号)

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

 日本酒の需要の長期的低迷が続いているが、その原因は複合的であると考えられ、これだという一つの原因を特定することは困難なように思える。

 私は、いろいろ考えられる原因の一つとして、世界の酒と日本酒の競争において日本酒がじわじわと押されているのではないかと考えている。日本人は太古より、米の酒、日本酒を神に奉げ、飲み続けてきた。まさに、酒とは日本酒をさしてきたのである。


“世界の酒の中の日本の酒(2008年5月号)” の詳細は »

備中杜氏について-その1-(2008年5月)

宮下酒造株式会社 企画研究部

 岡山の清酒の歴史を語る上でかかせないのが、岡山の米と水、そして、酒造りの技術集団、備中杜氏である。

 岡山県は吉井川・旭川・高梁川の三大河川が県下を南北に縦貫し、水量に恵まれ水質は軟水で鉄分等の有害物質は少なく良質で適切である。原料米は日本一と定評のある備前雄町・山田錦・朝日・アケボノ等の優秀な酒米の産地でもある。お酒は米を原料とする生産品である以上よい米を使用するのは当然としても、酒造技術がともわないと良い製品は出来ないものである。


“備中杜氏について-その1-(2008年5月)” の詳細は »

新春のご挨拶(2008年1月号)

頌 春
謹んで新春のご祝詞を申し上げます

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

 平成二十年戊子(つちのえね)歳の新春を迎え、謹んで皆様のご清福を衷心よりお祈り申し上げます。

 さて、宮下酒造の経営理念は「酒文化のすばらしさを多くの人びとに伝えること」にありますが、そのために、昨年は「環境整備」を経営目標に掲げ、工場内の環境整備と美化に努めてまいりました。しかし、その改善計画は未だ完成していませんので、本年も継続して「環境整備」に努めてまいりたいとおもいます。


“新春のご挨拶(2008年1月号)” の詳細は »

岡山県ニューピオーネ推進大会 ~生産額100億円 達成記念大会~(2008年1月)

宮下酒造株式会社 企画研究部

平成20年1月16日(水)、岡山テルサ テルサホールにて岡山県と岡山県うまいくだものづくり推進本部主催の岡山県ニューピオーネ推進大会~生産額100億円 達成記念大会~が盛大に開催されました。


“岡山県ニューピオーネ推進大会 ~生産額100億円 達成記念大会~(2008年1月)” の詳細は »

平成19年広島国税局清酒鑑評会にて優等賞受賞(2007年12月)

宮下酒造株式会社 企画研究部

平成19年広島国税局清酒鑑評会の結果が2007年11月19日に発表され、吟醸酒部門で弊社「極聖」が優等賞を受賞いたしました。平成19年広島国税局清酒鑑評会の概要は下記のとおりです。


“平成19年広島国税局清酒鑑評会にて優等賞受賞(2007年12月)” の詳細は »

第26回グレートアメリカンビアフェスティバルに参加して(2007年11月号)

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

デンバーの通り 10月12日コロラド州デンバーで開催されたBrewers Association 主催の「26th Great American Beer Festival」に参加してきました。3日間のチケットは売り切れという状態で大変な盛況でした。事前にインターネットでチケットを確保していましたので入場できました。会場には408場の醸造所が約2000種のビールを展示、試飲できるとのことでしたが、混雑してなかなか思うようには試飲できませんでした。


“第26回グレートアメリカンビアフェスティバルに参加して(2007年11月号)” の詳細は »

「コモディティ化の罠から脱却すべき清酒業界」(2007年9月号)

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

 私たち酒造業界の置かれた環境は、ますます厳しいものとなっていますが、この困難を克服し、新しい時代環境に適応するための課題を私なりに一言で表そうとするならば、「コモディティ化の罠から脱却すべき清酒業界」ということになると思います。


“「コモディティ化の罠から脱却すべき清酒業界」(2007年9月号)” の詳細は »

「岡山県産酒の再生戦略」を終えて(2007年8月号)

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

  1. はじめに
    「岡山県産酒の再生戦略」は、平成13年7月より第一次、第二次と6年間にわたり展開してまいりましたが、平成19年6月をもって終了いたしました。この間の主な事業を振り返るとともに簡単ではありますが報告書とさせていただきます。ご協力いただきました皆様に厚くお礼申し上げます。
  2. 現況について
    1. 製造場数の推移
      平成12年81場 ―――>平成19年6月59場  -25%
    2. 製造数量
      平成12年度8,939kl―――>平成17年度5,202kl   -42%
    3. 課税移出数量
      平成12年度8,076kl―――>平成17年度5,247kl   -35%
    4. 県産酒割合
      平成12年度30,9%―――>平成17年度27,6% -11%
  3. 再生戦略の目指したもの
    1. 商品開発事業
      1. ブランド力の強化事業
        雄町米純米酒による県産酒のブランド力の強化
      2. 新商品開発事業
        リキュール等の商品開発
    2. マーケティング事業
      1. 岡山県新酒鑑評会の実施
        岡山県との提携の強化
      2. 米まつり岡山に参加
        全農岡山県本部との提携強化
      3. 「うまさ発見!まるごと岡山の酒」等イベントの開催
        地酒ファン層の開拓
      4. 日本酒で乾杯推進会議岡山大会の開催
        日本酒での乾杯運動の推進
      5. 地酒応援グループのネットワーク化
      6. 海外市場開拓の調査研究
      7. ラジオ番組「時のひと・おかやまの酒」の提供
    3. 人材育成事業
      1. 技術情報の提供や講習
        夏期酒造大学、酒造講話会、きき酒研修会
      2. 流通チャネル対応研究会等の勉強会
    4. 組合組織の改編
      1. 酒造組合の土地・事務所の売却
      2. 岡山県酒造組合の設立(平成18年7月3日)
      3. 組合事務所の移転(平成21年9月30日までに)
  4. まとめ
    日本酒業界のおかれた現状が危機的状況にあるとの認識のもと、何らかの活路を求めていろいろな事業を懸命に展開してきたと思う。しかし、業界への逆風は我々の力ではいかんともしがたく、数字として確たるものを残せなかったことは誠に残念である。今後の組合活動のあり方については、「小さな組合」のもと経費の節減の努める時代が来ているように思われる。この大きな転換点にあたり、組合運営についてみんなで議論し、結論を出していくことが肝要であろう。