トピックス

2009年秋季全国酒類コンクール 独歩シュバルツ 地ビール部門第1位(2010年3月)

宮下酒造株式会社 企画研究部

2010年5月1日~10月31日に開催される上海万博に先立ち、2009年秋季全国酒類コンクールが上海で開催されました。2009年10月16日の審査会と2009年10月17日の公開テイスティング、そして現地の中国関係有識者、有力者、業者との懇親パーティーは、かの周恩来はじめ、世界の元首たちに愛用され、戦前から日本人にも親しまれてきました錦江飯店(ジンジャンホテル☆☆☆☆☆)を会場に行われました。


“2009年秋季全国酒類コンクール 独歩シュバルツ 地ビール部門第1位(2010年3月)” の詳細は »

酒は文化なり(2010年2月号)

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

酒は、大変美味で、飲むこと自体が楽しい嗜好品であるとともに、致酔性のある飲料として、過度の飲酒は健康への悪影響があり、社会とのかかわりにおいてマイナス面も取り上げられる多面性を持つアルコール飲料であるといえます。


“酒は文化なり(2010年2月号)” の詳細は »

新春のご挨拶(2010年1月号)

頌 春
謹んで新春のご祝詞を申し上げます

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

 平成二十二年庚寅(かのえとら)歳の新春を迎え、謹んで皆様のご清福を衷心よりお祈り申し上げます。

 さて、松下幸之助氏は「不況のときこそ、原点に戻って静かに考えてみることです。そうすれば、自分の果たすべき役割が見えてくるはず。この機会を逆に生かすくらいの心持ちでいたい。」と述べています。


“新春のご挨拶(2010年1月号)” の詳細は »

酒造米のルーツ「雄町米」(2009年11月号)

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

(1) 酒造米のルーツといわれる「雄町」は、備前国上道郡高島村雄町(現在の岡山市中区雄町、弊社のごく近く)の篤農家岸本甚造が、1859(安政6)年伯耆大山へ参拝した帰りに見つけた2本の穂を持ち帰り、選抜を重ねて、1866(慶応2)年「二本草」と命名したものの直系の子孫で、1922年に純系分離されたのもが「雄町」といわれている。戦前は酒米として普及したが、戦後は衰えたが、1990年以降高級酒向けに需要がたかまっている。


“酒造米のルーツ「雄町米」(2009年11月号)” の詳細は »

平成21年広島国税局清酒鑑評会 三部門優等賞受賞(2009年11月)

宮下酒造株式会社 企画研究部

 平成21年の広島国税局清酒鑑評会において、弊社出品酒が吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒の三部門にわたって優等賞を受賞いたしました。昨年に引き続いての二年連続の三部門優等賞受賞となります。

 広島国税局清酒鑑評会は、管内の清酒の品質評価を行い、併せてその結果に基づき優秀な製造技術を有すると認められる製造者を顕彰することにより、酒造技術の進歩・発展を促し、管内の清酒の品質向上を図り、もって酒類業の発達に資することを目的として行われている鑑評会です。


“平成21年広島国税局清酒鑑評会 三部門優等賞受賞(2009年11月)” の詳細は »

「凌ぎの時代」(2009年9月号)

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

 平成21年9月11日の日本経済新聞において、佐々木毅学習院大学教授は、「21世紀前半の日本社会は、人口減少と高齢化などに備え、その持てる資源と知恵を最大限に活用すべき凌(しの)ぎの時代にある。」と述べている。


“「凌ぎの時代」(2009年9月号)” の詳細は »

第92回備中杜氏自醸清酒品評会 優等賞第1位受賞(2009年5月)

宮下酒造株式会社 企画研究部

第92回備中杜氏自醸清酒品評会の結果が発表され、弊社「極聖」が優等賞第1位を受賞し、杜氏小畑正弘が表彰されました。また、弊社は最優等賞製造場として選ばれました。第92回備中杜氏自醸清酒品評会の概要は下記のとおりです。


“第92回備中杜氏自醸清酒品評会 優等賞第1位受賞(2009年5月)” の詳細は »

平成20酒造年度 岡山県清酒品評会にて受賞(2009年4月)

宮下酒造株式会社 企画研究部

平成20酒造年度 岡山県清酒品評会の結果が発表され、吟醸酒部門で弊社「極聖」が岡山県産業労働部長賞、純米酒部門で岡山県知事賞を受賞いたしました。平成20酒造年度 岡山県清酒品評会の概要は下記のとおりです。


“平成20酒造年度 岡山県清酒品評会にて受賞(2009年4月)” の詳細は »

「少子高齢化社会」を迎えて(2009年4月号)

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

 いよいよ日本においても、人口の減少と高齢化社会の到来が大きな問題であり、真剣に議論される問題であるとの認識がたかまってきた。日本の2008年10月の総人口は、1億2769万2千人となり、前年比7万9千人の減少となった。現在65歳以上の人口は5人に1人であるが、2030年には65歳以上が3人に1人、75歳以上が5人に1人になるという。このように、人口の減少と高齢化社会は眼前に迫っており、「少子高齢化社会」の到来を前提にいろいろな課題を考えていかなくてはならない時期がきたといえる。


“「少子高齢化社会」を迎えて(2009年4月号)” の詳細は »