クラフトジン岡山

クラフトジン岡山

ボタニカル(香味植物)

ボタニカル(香味植物)

クラフトジン岡山は、自社製の米焼酎をベースにジュニパーベリー、コリアンダー等の十数種類のボタニカル(香味植物)を独自に配合して、銅製ポット・スチルで蒸留しました。その後、焼酎を貯蔵した樫樽にフィニッシュしています。樫樽貯蔵のジンは、国内では初めての試みと思われ、非常に珍しくユニークな商品となっています。さわやかな香りと奥深い新しい味わいをお楽しみください。

宮下酒造株式会社は、1915(大正4)年宮下亀蔵が玉野市において酒を造り始めました。1995年には地ビール「独歩」を発売、2011年にはウイスキーの製造に着手いたしました。2015年には創醸百周年を迎え、ドイツ製のウイスキー単式蒸溜器であるポット・スチルを導入することで、岡山蒸溜所として本格稼働させています。“クラフトジン岡山”は、岡山蒸溜所本格稼働後第一弾の商品となります。

並べ替え: 表示:
クラフトジン岡山 500ml
価格 5,400 円(税込)

米焼酎をベースに十数種類のボタニカルを配合したジン。
クラフトジン岡山 200ml
価格 2,160 円(税込)

米焼酎をベースに十数種類のボタニカルを配合したジン。