新年のご挨拶(2021年1月号)

頌 春
令和辛丑三年の新春を迎え、謹んで皆さまのご清福を心よりお祈り申し上げます。

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

昨年は、新型コロナ感染によって大変苦しめられた一年間でした。いまだ先の見えない状況が続いていますが、一日も早い終息を念じつつ、皆様に新年のご挨拶をさせていただきます。

長い伝統に支えられてきた酒造業ではありますが、今日の大きな時代の変化についていくことが困難となり、苦境をむかえています。そこで、「酒造業の大改造の継続と徹底」という長期計画をたて、経営の革新に努めてまいりましたが、コロナ感染症のまん延によって、一層の研さんと努力が必要とされる時が訪れたと思います。明日を信じ、会社の使命をもう一度見直し、足腰の強い企業に変革すべく、本年の歩みを進めてまいりたいと思います。

では、本年が皆さまにとっていい年になりますことを心より祈念させていただきまして、はなはだ簡単措辞で申し訳ございませんが、これをもちまして新年のご挨拶とさせていただきます。

«