新年のご挨拶(2017年1月号)

頌 春
平成二十九年丁酉(ひのととり)歳の新春を迎え、謹んで皆さまのご清福を心よりお祈り申し上げます。

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

 当社では、昨年10月、酒工房独歩館の建設に着手いたしました。完成は本年6月の予定です。平成十八年に開始した経営革新計画「酒造業の大改造計画」の大きな目標であった独歩館の着工ができましたことは、私の年来の宿志が実現できることであり、今の心境はただただこの事業の成功を祈るばかりです。

 長期的酒造業の低迷傾向の中で、何とか未来への光明を見つけたいと心に抱き続けた構想が、「日本と世界の酒文化をつなぐ 酒工房独歩館」です。この事業の成功が、新しい酒造業の確立につながるものと確信しています。長い伝統をもつ酒造業も時代の変化に対応して、変化していくことが必要だと考えています。

 独歩館は観光酒蔵として、試飲、飲食コーナーを設け、いろんなイベントを企画し、ご来客の皆様に楽しい酒の情報と空間を提供してまいりたいと考えております。開かれた酒蔵、「モノづくり」+「コトづくり」によって、会社の総合的ブランド力を高めてまいりたいと思います。皆様にもぜひご期待いただきたいと思います。

 それでは、本年が皆さまにも私たちにもいい年になることを心より祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

«