酒文化

酒は文化なり(2010年2月号)

宮下酒造株式会社
社長 宮下附一竜

酒は、大変美味で、飲むこと自体が楽しい嗜好品であるとともに、致酔性のある飲料として、過度の飲酒は健康への悪影響があり、社会とのかかわりにおいてマイナス面も取り上げられる多面性を持つアルコール飲料であるといえます。


“酒は文化なり(2010年2月号)” の詳細は »