極聖

SAKE COMPETITION 2017 『極聖 純米大吟醸 天下至聖』 GOLD第2位受賞

SAKE COMPETITION 2017のSuper Premium部門において、『極聖 純米大吟醸 天下至聖』がGOLD 第2位を受賞いたしました。また、吟醸部門において『極聖 大吟醸』がGOLD 第8位を受賞いたしました。

SAKE COMPETITION 2017は、453蔵、総出品数 1730点と出品酒世界最多の日本酒コンペティションです。純米酒、純米吟醸、純米大吟醸、吟醸、Super Premium、発泡清酒の6部門に分かれ、TOP10にGOLD、GOLD以下上位10%にSILVERが与えられます。

『極聖 純米大吟醸 天下至聖』がGOLD第2位を受賞したSuper Premium部門は、特定名称酒に限らず720mlで小売価格が10,000円(外税)以上、1800mlで15,000円(外税)以上の清酒が出品される部門です。


“SAKE COMPETITION 2017 『極聖 純米大吟醸 天下至聖』 GOLD第2位受賞” の詳細は »

平成28酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞(2017年5月)

平成28酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞

 平成28造年度 全国新酒鑑評会にて弊社の大吟醸酒『極聖』(きわみひじり)が金賞を受賞いたしました。平成22酒造年度から七年連続の金賞受賞です。

 金賞受賞は今回で20度目の受賞です。 全国新酒鑑評会は独立行政法人酒類総合研究所主催で行われ、明治四十四年の第一回開催以来、今回が105回目でした。

 この鑑評会はその年に製造された清酒を全国的な規模で調査・研究することにより、製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、清酒の品質向上に寄与することを目的として行われ、現在、全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会です。 今年は4月25日~27日に予審が、5月9日~10日に決審が行われ、出品点数860点の中から437点が入賞酒に、入賞酒の中で特に優秀と認められた242点が金賞に選ばれました。


“平成28酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞(2017年5月)” の詳細は »

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017 『大吟醸 極聖』 最高金賞受賞

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017の大吟醸酒部門において、『大吟醸 極聖 昔搾り斗瓶どり』が最高金賞を受賞いたしました。

2017年2月24日に審査が行われ、242蔵673点の中から、最高金賞34点、金賞160点が選考されました。部門は3つに分かれており、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード メイン部門」「スパークリングSAKE部門」「大吟醸酒部門」となります。

2017年4月18日にアカデミーヒルズ49階タワーホール(東京都港区六本木)にて、入賞酒お披露目会が行われ、表彰式もあわせて行われました。


“ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017 『大吟醸 極聖』 最高金賞受賞” の詳細は »

Sake in 広島 2015にて極聖 特別純米 高島雄町が好評酒に選ばれました(2015年4月)

広島国税局が開催した「Sake in 広島 2015」にて、純米酒部門で「極聖 特別純米 高島雄町」が好評酒に選ばれました。広島国税局管内の中国5県の市販酒が対象で、77製造場からスパークリング清酒部門26点、純米酒部門71点、吟醸酒部門27点の計124点出品され、スパークリング清酒部門6点、純米酒部門17点、吟醸酒部門7点の計30点が好評酒に選定されました。


“Sake in 広島 2015にて極聖 特別純米 高島雄町が好評酒に選ばれました(2015年4月)” の詳細は »

2015年春季全国酒類コンクール入賞(2015年4月)

2015年春季(第40回)全国酒類コンクール(全日本国際酒類振興会主催)の入賞結果が発表され、宮下酒造の出品酒も多数受賞いたしましたのでご報告いたします。

  1. 普通吟醸・大吟醸部門 第1位
    • 大吟醸極聖
  2. 純米酒部門 第2位
    • 極聖 純米一番滴
  3. 米焼酎部門 第1位
    • 男の勲章
  4. 地ビール部門 第1位
    • 独歩 ピルスナー


“2015年春季全国酒類コンクール入賞(2015年4月)” の詳細は »

第98回備中杜氏自醸清酒品評会 優等賞第1位受賞(2015年3月)

宮下酒造株式会社 企画研究部

第98回備中杜氏自醸清酒品評会(備中杜氏組合主催)の結果が発表され、弊社の岡崎達郎が優等賞第1位杜氏に選ばれ、弊社が最優等賞製造場として表彰されました。第98回備中杜氏自醸清酒品評会の概要は下記のとおりです。


“第98回備中杜氏自醸清酒品評会 優等賞第1位受賞(2015年3月)” の詳細は »