2010年02月04日木曜日 岡山日日新聞 個性派のバレンタイン

個性派のバレンタイン

もうすぐ2月14日のバレンタインデー。定番のチョコレートをプレゼントするのもいいが、「今年は違うものを」と考えている人には、宮下酒造(岡山市中区西川原)が冬季限定発売する「チョコレート独歩」(330ミリリットル、420円)がぴったり。

中元や歳暮に代わる季節商品を発掘しようと、06年に開発されたチョコレート独歩。地ビール「独歩」にカカオ風味を加え、試行錯誤の末に完成した。4年目を迎え、県内をはじめ県外への周知も高まってきた。

甘さは控えめだが、しっかりしたカカオの味わいと香りが特徴。ピルスナー、ウィート、ミュンヘンなど7種類の麦芽を原料にして、通常よりホップの量を減らし、カカオエキスを加え、香り豊かでまろやかな味わいとなった。

「”チョコレートらしさ”とビールの融合が難しかった」と同社の宮下附一竜社長は開発の苦労を振り返る。完成してからも改良を重ね、年々品質は向上している。

楽天などショッピングモールにも出品し、ネット販売での注文も年々増えている。

同じく冬季限定発売の「ホワイトチョコレート独歩」(330ミリリットル、472円)も人気商品。ビール生地とホワイトチョコレートを組み合わせ、07年に誕生した。

味が調和するように、麦芽の組み合わせや配合を変え、オレンジピール、カカオエキスなどを加えて完成。ホワイトチョコレート独特のまろやかな風味を残し、後味はすっきりしている。

どちらも1月に発売し、2月中旬ごろまで市場に出回る。冬季限定では、イチゴの香りと甘酸っぱさが楽しめる「ストロベリー独歩」(330ミリリットル、472円)も注目の商品だ。

そのまま飲むほかに、同社は「チョコレートリキュール 愛のキューピット」(250ミリリットル、630円)を組み合わせ、カクテルにする飲み方も提案する。一味違った風味で、よりリッチな気分になる。

「県内の女性が、親しい県外の男性にプレゼントするパターンが結構多い」と宮下社長。話題作りに一役買っているようだ。

開発当初、バレンタイン市場に同業者はほとんどいなかった。しかし、近年は大手他社が参入するなど、競争が激化しているという。

県内外の百貨店、スーパーマーケット、酒店のほか、インターネット(http://www.msb.co.jp/)でも販売している。

«
»